廃棄物処理事業

トスマク・アイの廃棄物処理事業が、みなさんの生活と深くかかわりあっていることをアニメーションで紹介します。

トスマク・アイの廃棄物処理事業では、一般家庭、企業、工場など、さまざまなところから出てくる廃棄物を収集運搬するところからはじまります。

一般家庭などからゴミを収集運搬するお仕事は、白山市・野々市市・金沢市でおこなっており、企業や工場などからの産業廃棄物の収集運搬は、石川県・福井県・富山県で許可を取得して行っています。
特に白山市・野々市市での一般廃棄物の収集運搬はほとんどがトスマク・アイで行っていますので、きっとみなさんの暮らしの中で、トスマク・アイのゴミ収集車を目にされていることも多いかと思います。

トスマク・アイ|廃棄物の収集運搬

収集されたゴミは、一般廃棄物、産業廃棄物とその種類によって、一般廃棄物はその地域で指定された処理場へ、産業廃棄物はトスマク・アイのリサイクル工場へと運びます。
リサイクル工場では廃棄物の品目により、様々な形でリサイクルを行います。

一般廃棄物

トスマク・アイ|一般廃棄物

産業廃棄物(廃プラスチック類、木くず、紙くず、金属くず、etc.)

トスマク・アイ|産業廃棄物

廃棄物から生まれるRPF

RPFとは「Refuse Paper & Plastic Fuel」の略称で、廃棄されたプラスチック類を主な原料とした固形の燃料です。
収集された廃プラスチックや、紙くず、木くずはバラバラに破砕し、固める工程をへて、この燃料に生まれ変わります。これらは、ボイラ設備がある工場などで燃料として再利用されます。

トスマク・アイ|廃棄物から生まれるRPF
この燃料のエネルギーは、これまで世界でよく使われてきた石油由来の燃料、石炭やコークスと並ぶパワーがあり、使い勝手が良いだけなく、世の中の廃棄物そのものを少なくすることができます。
さらに地球温暖化の原因と云われているCO2(二酸化炭素)の排出を大きく減らせることもあり、循環型社会を作り上げるにはとても良い製品です。
トスマク・アイ|廃棄物から生まれるRPF

食品のごみから、肥料をつくる
トスマク・アイの「アイ・パワー」

レストラン、食品加工工場、スーパーなどから出た食品加工くずや食べ残しなどは、トスマク・アイリサイクル工場で、発酵・熟成などの工程を経て堆肥「アイ・パワー」として再生し、地域の生産者のもとで農作物などの肥料として再利用されています。


トスマク・アイ|アイ・パワー

金属、ペットボトル、木くずも
あらゆるものから再生原料に

空き缶などの金属類はプレス機で圧縮(ブロック化)、木くず・ペットボトルは破砕(チップ化)して再生原料として製品化されます。
私たちトスマク・アイの廃棄物処理事業は、地域の皆様の快適な暮らしをサポートすべく、日常生活で出た廃棄物を、できるだけ減量化し、燃料や、製品などへ再資源化をすることで、これからも循環型社会形成を支えます。

トスマク・アイ|あらゆるものから再生原料に